保線分野の業務システムはご相談ください

鉄道技術展

軌道の検査漏れ・補修漏れを防止する保線管理システムのご紹介

当社は「鉄道技術展」に出展いたしました。

当社は保線管理システムを用いて保線業務のムリ・ムダ・ムラを排除した「最適保守」の実現を目指しています。これを実現するために当社が提供している「システム開発」、「データ分析」、「業務支援」をご紹介します。

システム開発

保線分野で使用される業務システムを開発しています。
検査の計画や結果の登録、補修の実施有無を管理できます。また、日々の作業実績や敷設材料の情報の管理や、累積したデータの可視化、将来予測をする機能もご用意しています。

データ分析

異常箇所の発生分布や、補修の実施率など、現状把握を目的としたレポートを弊社にて作成し、ご提出します。
また、経年情報を用いてレール交換やマルタイ作業の必要時期のシミュレーションも実施させていただいています。

業務支援

台帳データや検査データなどの各種データの代行入力サービスをご提供いたします。また、システム使用方法の教育研修プログラム軌道検測結果の分析サポートなど、お客様のニーズに合わせたサービスをご提供いたします。